ゲストハウスを運営(経営)する予定の方へ

昨今、住宅を活用して旅行者に宿泊施設として提供するサービスが急速に広まっていますが、最近流行っていますゲストハウスや空家を貸す民泊も旅館業簡易宿所営業許可が必要となっています。

しかし、多くの民泊施設は無許可営業をされており、火災などの有事の際は宿泊者の安全性が不安視されております。

また、地域住民と騒音などのトラブルも急増しており、無許可営業施設への営業許可取得指導や近隣住人に対する調和の確保に関しても指導を京都市が強化しています。

京都市は旅館業の許可申請にあたり、宿泊サービスの提供に係る京都市のルールを明確化する「京都市旅館業施設における安心安全及び地域の生活環境との調和の確保に関する指導要綱」が平成28年12月1日より実施されております。

旅館業取得には様々な法律や条例をクリアする必要があり、費用や時間が必要となっておりますので、京町家などの既存住宅をゲストハウスにする場合は物件取得前や改修工事着手前の事前確認が必要と思われます。

詳しくはお問合せ下さい。

 

 

%e6%97%85%e9%a4%a8%e6%a5%ad%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%81%ab%e6%96%bc%e3%81%91%e3%82%8b%e8%aa%bf%e5%92%8c%e3%81%ae%e7%a2%ba%e4%bf%9d-%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

Page Top